男の人

住み心地の良い地域で暮らす|不動産についての豆知識

  1. ホーム
  2. 不動産に関すること

不動産に関すること

マンション

住まない家をどうするのか

今、全国的に空き家が増加し、問題になっています。この場合の「問題になる空き家」とは、「住む人がおらず、管理の不十分な物件」です。住む人のいない建物や庭は傷みが進みやすく、築年数が古い場合には倒壊の危険もあります。また、管理の目が届かないために、野良猫や不法侵入者などが居つく場合もありえます。景観や衛生上の観点から言っても、治安の問題としても、空き家は周辺の迷惑になりやすいのです。そうしないための対応は、いくつかあります。まず一番簡単なのは、建物ごと売却してしまうことです。家や土地に思い入れがあったり、価格に納得がいかない場合は難しくなりますが、管理責任は完全になくなる方法です。次に、賃貸として貸す方法です。これは空き家を管理する住人と家賃収入を両方得られる一挙両得な方法です。反面、借り手が見つかるかどうかは不確定なこと、管理の問題は減っても、大家としての責任が生じることは理解しておく必要があります。そして、もっと簡単で即対応可能な方法として、とりあえず空き家として管理してもらう手段もあります。あまり長期的な場合は向かないこともありますが、とりあえず対策を取るまでの間の対応として有効です。以上のような対策は、どれもまず不動産会社に相談してみるのが簡単です。とりあえず管理してもらい、査定や見積もりを依頼して、最終的に売却や賃貸を考えるという流れが最も確実と言えるでしょう。空き家対策特別措置法など、空き家を取り巻く環境は昔とは変わってきています。空き家を放置するのではなく、きちんと管理することで、無用なトラブルをなくしましょう。